子供の便秘体験

当時、うちの長男が便秘ぎみになりました。おそらく、偏った食事と、水分不足による便の硬化だと考えています。今までは2日に1回は排出していた便が、1週間以上でなくなり、さすがに心配になりました。便の出る気配もなく、当人もそれほどお腹が痛いとか、調子が悪い様子もないので、こちらも対策として繊維質のものを積極的に食べさせました。ひじき、キャベツ、ごぼうなど、こまかく刻んで料理に入れておく、そのまま食べれるキャベツはそのままかじらせるようにして食事を摂らせていました。

この食事でまずは調子を見ようと考えました。また水分もなるべく嫌がるのを承知で摂らせていました。それから2日ほどたってお腹が痛いと言い出したので、お腹をマッサージすると、今までにないほどの便が出ました。1週間以上溜めた便は大人顔負けの量でした。やはり繊維質のものは効果絶大だと実感しました。

何か特別なものを飲ませることや処置したわけではなく、病院にも連れていっていません。それでもなんとか自力で出すことができたので安心しました。キャベツなどの野菜は幸いにもよく食べるので、食べる機会を多く作ることを意識するようになりました。

男の子は基本的に腸が弱いものですが、さすがに食事内容が変わって、しかも水分量の少ないものばかり食べていたのでその結果が顕著に現れました。子供でも大人でも野菜を中心とした食事に置き換えることで便通は改善されることもわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です