我が子の便秘問題

我が家の息子が2歳のとき突然便秘に悩まされるようになりました。それまで便秘とは無縁だった息子。毎日2、3回は便が出るほど快便だったので、まさかその息子の便秘で悩む日が来るとは思いもしませんでした。毎日出ていた便が、3日ほど出ないことが普通になってきたのです。こんなに出ないのは息子にとっては初めてだったのですが、これが何日も繰り返すようになってしまいました。

なぜこんなことになってしまったのか、生活を振り返ってみました。息子が2歳になってイヤイヤ期に入り、わたしは毎日叱っていたことに気づきました。もしかしたらこれがストレスになっていて、便秘と関係があるのかもしれないと思い、できるだけ叱ることをやめるようにしました。しかし、魔のイヤイヤ期の2歳児。叱らずにはいれないのです。

何を言っても反抗ばかりで、口にチャックと思いながらもつい口が出てしまいます。わたしには無理だ、と思い叱ることをやめることはできませんでした。便秘も相変わらずの息子でしたので、病院へ行ってみることにしました。病院で初めての座薬を経験した息子は、変な物がおしりに入ってきて、パニックに。おしりが痛い痛いと大声で叫び、待ち合い室まで響いていたようで、戻ったときに皆さんに笑われてしまいました。

恥ずかしい気持ちでしたが、それよりもこの座薬を機にまた快便の息子が戻ってきたことにびっくりしました。これでこんなに効果があるのかと思うくらい、なつかしの快便息子になったのです。これからももし便秘が続いたときは座薬をもらいにいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です