娘が2歳のときに便秘になりました

私の娘は赤ちゃんのころにも便秘になりやすい子でした。赤ちゃんのころに便秘になったときには、お尻の穴を麺棒で刺激してあげると便が出ることがありました。そして娘が2歳になったときに、5日くらい便が出なくて便秘になったことがありました。娘自身もお腹の不快感を感じていたみたいで、ご飯をあまり食べなくなったい、お腹のあたりを押さえていたりもしました。私は心配になって小児科に連れて行って、下剤をもらいました。下剤を飲ませると便秘は解消しましたが、だんだんと娘は薬を飲むことを嫌がりました。

私は娘にヨーグルトを食べさせるようにしました。それからヤクルトのような乳酸菌の入っているものを飲ませるようにもしました。それらを食べると娘の便通がだんだんと良くなっていきました。便秘が解消すると娘もトイレに行くのが楽しみになって、喜んでトイレで排便ができるようになりました。

そのあとも度々便秘になることがありましたが、娘はトイレで頑張って便を出そうと踏ん張っていました。その踏ん張る姿が可愛くて、トイレで娘のお腹をさすってあげたり、頑張れ頑張れと声をかけてあげました。娘もそれが嬉しかったみたいで、お腹もっとさすってと私に言ってくるようになりました。

子供も大人も便秘になって下剤などの薬で無理やり排便するよりも、自分の力で排便ができることが一番いいのかもしれないと思いました。便秘になるとお腹が苦しくなるので、子供の便秘には気をつけたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です