子供の便秘と食生活

私の子供は決まったものしか食べません。とくに麺や米などの炭水化物などは積極的に食べるのですが、野菜やフルーツなどはほとんどたべません。日ごろは2~3日に1回ほど便もでているので大丈夫かなと思っていました。

ところが風邪にかかったときです。普段食べない子供がさらに食べなくなり、ずっとはいていました。これはだめだと思い、病院にいきました。すると、「お腹がパンパンでかたくなっていますね。これで吐いていると思います」といわれました。

熱やせきのことで頭がいっぱいで排便のことを忘れていましたが、その時点でおそらく4日ほどでていなかったと思います。そこで、すぐに、浣腸をされました。泣き叫ぶ子供を押さえつけながら、ほんとうにどうしようもない気持ちにさいなまれました。便秘にならないように、それからは、食生活に気を付けました。食物繊維をとれる食事をするように先生にも言われました。しかし、葉っぱはなかなかそのままでは食べてくれないので、野菜ジュースなどを購入して飲ませてみました。

さらに、朝には白湯、ヨーグルトにバナナをまぜたものなどを食べさせてみると、すぐに効果は表れました。また先生に言われたのは、水分もたくさんとりましょうとのことだったので、積極的に水分も飲ませました。
こうした努力の結果、あんなに苦労していた排便が毎日2~3回でるようになったのです。便がでれば、その分食事もすすみたくさん食べれるようになりました。食生活は本当に大切なんだと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です